発熱期間に見られるインフルエンザと風邪の違い

毎年流行するインフルエンザですが、この感染症には風邪とは違い固有の症状が見られます。インフルエンザは特定のウイルスへの感染が原因となるもので、一般的な風邪の症状よりも発熱期間が長く、身体的な負担が重い事が特徴です。
風邪は数日程度の咳や微熱などの症状で治まる事が一般的です。しかし、インフルエンザは風邪よりも発熱期間が長くなり、高熱を発症して全身の倦怠感などが継続する事になります。とりわけ、このウイルスに特徴的な点が発熱期間前のウイルスの潜伏期間で、一週間程度の体内での増殖のプロセスを経過し、段階的に症状があらわれることが特徴です。
また、風邪とインフルエンザへの感染での違いは、予防法にも見られます。インフルエンザはおおよその流行時期が明らかになっているので、十一月頃の流行し出すタイミングで、予防接種を受ける事が効果的です。また、インフルエンザは翌年の春までウイルスが蔓延しているケースもあり、長期的な対策が必要になるという注意点も挙げられます。
更に、風邪との違いは治療法にも見られます。インフルエンザの場合は、流行する可能性の高いウイルスに特化したワクチンが受けられる事に加え、インフルエンザ感染に伴う薬剤なども販売されているのです。とりわけ、これらの薬剤は小児や高齢者など、抵抗力が弱い患者の場合は、症状の過度な進行を食い止める為にも必要性が増し、自宅で備蓄などして流行に備える事も大切です。とくに、高齢者の場合は、症状が進行して肺炎などを発症するケースが頻繁に見受けられ、その結果、生命を左右する重篤な症状となってしまう可能性も高い為、薬剤の種類や服用方法などを把握しておく事が重要なポイントとされます。