証券口座開設時に比較すること - 証券口座開設には比較検討が大事

証券口座開設時に比較すること

subpage01

証券口座開設をする際に注目するポイントをご紹介しましょう。

証券口座の比較情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

まず、投資を長期で考えるか短期で考えるかによって、証券口座開設が異なります。


というのも、証券会社には実店舗を持つ証券会社と店舗を持たずインターネットにてトレードする証券会社の2つタイプがあります。
店舗型の場合、証券外務員という担当者が顧客一人一人に付き、口座開設から注文まですべてにおいて対応します。また、入出金に関して代行してくれる場合もあります。

普通の証券会社とインターネット証券を比較した場合、手数料の差が大きいです。

ただ、手数料のみに注目するのであればインターネット証券が良いでしょう。

株式投資の場合、短期で利ザヤを得る方法と長期でインカムを得る方法があり、本来、長期的に株式保有をし、企業の成長を期待して、資産を増やすのが株式投資の目的であり、短期での利ザヤを得るのは難しいです。


デイトレードのように買付日に売却する場合、購入価格と売却価格を同時に決めておき、一定金額で利益確定売り、万が一価格が下がっても一定金額よりも価格が下がれば損切りとします。



この方法でいくつもの株を同時に売り買いし、毎日利ざやを得ます。



ただ思考方法は、手数料が低いことのメリットを得て、よほどのテクニックが無ければ成功しません。地方の証券会社の場合、地元中小型企業の情報を熟知しており、とくに高齢者に親しまれています。

証券会社の比較として手数料ではなく情報ということや適正な投資のタイミングをレクチャーするとこも大切です。


インターネット証券口座開設時に比較することは、入会時のキャッシュバックや手数料の安さが前面に出ていますが、ここ数年のネットトレード初心者で、資産を減らす人が非常に多いです。