証券口座の比較と特定口座について - 証券口座開設には比較検討が大事

証券口座の比較と特定口座について

subpage01

個人投資家が増加する昨今、個人投資家を悩ませる初めての問題というのは解説する証券口座の種類についてではないでしょうか。

証券口座の比較に関する問題解決をサポートいたします。

殆どの場合特定口座を選択することになると思いますが、その中でも源泉徴収をありにするか無しにするかで悩む姿は容易に想像することが出来ます。
一般的にどちらの証券口座を選択した方が良いかを分ける境目となるのは年額20万円の利益とされていますが、これまで投資に関わったことの無い人にとって20万円というのは非常に高額なものであると言えるでしょう。
そのため特定口座でも源泉徴収なしの方に魅力を感じてしまうケースはあるでしょう。
これは年額20万円以下の収入の場合には確定申告をしなくても良いという認識によるものなのです。



二つを比較するとそんなに稼げないと思うし、源泉徴収なしで良いと思えてしまうのです。
しかし証券口座で特定口座の源泉徴収なしを選択する理由がこれだけであるのであれば、あまりお勧めは出来ません。


投資が上手くいけば20万円以上を稼ぐことは十分に想定されますし、源泉徴収ありの場合と比較して注意しなければならないことも多いからです。


確定申告をするにしても面倒な計算がありますし、誰かの扶養に入っている場合には一定の収入を出してしまうと扶養から外れてしまうリスクもあるのです。
両者を比較すると源泉徴収なしを選択するメリットはわずかであると感じられることでしょう。



目先の税金だけではなく、様々な要素を比較して選択する様にしましょう。